カジ・コーポレーション、「ファミーズ」屋号を「お宝創庫」に統一。OMO推進へ

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

カジ・コーポレーション、「ファミーズ」屋号を「お宝創庫」に統一。OMO推進へ

2022年03月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カジ・コーポレーション(愛知県名古屋市)は、3月1日より直営の「ファミーズ」を「お宝創庫」の屋号に統一する。広告宣伝を効率化し認知拡大を図り、OMO推進も行う。FC本部と一部FC店は存続する。

カジ・コーポレーション お宝創庫は愛知県内16店舗体制となる

お宝創庫は愛知県内16店舗体制となる

屋号の統一によりマーケティング効率化を図る。お宝創庫は今春をめどに動画を活用した広告宣伝やホームページの大規模改修を行い、OMO推進を予定する。ポイントカードは引き続き使えるが、LINEアカウントは統廃合となる。「これまで2つのアカウントで同じ内容を発信する必要があった。統合することでブランディング強化と効率化を図ります」(常務執行役員 竹内武久氏)。これにより、お宝創庫は計16店舗体制となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる