ドンドンアップ【第23回】、ゴメンナサイ「スタッフへの手紙」Ⅲ

検索

「倒産1000本ノック」

ドンドンアップ【第23回】、ゴメンナサイ「スタッフへの手紙」Ⅲ

2022年05月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倒産1000本ノック

毎日ピンチ、でも倒産はしたことない!?古着で一世を風靡するドンドンアップ(岩手県盛岡市)岡本昭史社長による凄絶ノンフィクション体験記の第23回。

(前回までのあらすじ:度重なる給与遅延に、毎回スタッフへお詫びの手紙を送る岡本社長。もはやスタッフもついていけないと思われる状況だが、幾多の倒産危機を乗り越え、そこで得た強い信念が岡本社長を突き動かしていた)

Happy go lucky自分の"絶対法則"を信じて

スタッフへの手紙 その5

『みんな、今回は連絡が遅れてしまい本当に申し訳ありませんでした。毎回のことで本当に心からすまないと思っているのだけど、もはやなんと謝っていいかわからない。

中々全員には見えないところだけれど、これまでも本当に何度も何十回も、いや1000超えるくらい"完全にアウト"と思ったり倒産危機のタイミングがあった。支払いを催促されるのは日常茶飯事で、その度に返済期限の設定を求められる。でも結局支払いが遅れている先が多すぎて、正直計画を立てることも約束さえもできない。それでも約束を求められ、やはりそれが履行できずなおさら信頼を失くす...。ただ、これまで俺が心がけてきたことは、「とにかく逃げない、そして答えがなくとも対応する」ということだ。

まあ中々直接経験せんとわからんと思う。最近ではあまり悪びれもせず、事実を淡々と話す。当然それが鼻につく人もいると思う。そして俺は、そんな状況にも関わらず、普通の神経の人が聞いたら、ただの絵空事のような明るい未来を語るもんだから、さらに呆れられる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第534号(2022/4/25発行)22面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる