ZUPPE、地域住民向け物々交換サービスが人気を集める

検索

ZUPPE、地域住民向け物々交換サービスが人気を集める

2022年05月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NANOBRAND(新潟県三条市)が運営するZUPPE(ズッペ)では、地域住民に向けた物々交換サービスが人気を集めている。子供向けに寄付するスキームによって、富裕層からの仕入れが好調だ。

「物々交換」で地元を支援

富裕層の不用品、小学生が受取り

「ZUPPE」のスキーム「ZUPPE」のスキーム

「循環型社会研究店舗 ZUPPE」は21年末より運営を開始した。現在、同様の取り組みを全国7箇所まで拡大している。

特徴は貧困層への支援スキームを構築した点にある。同店に不用品を持ち込むと、「サンクスチケット」がもらえる。本人が使用する他、店に寄付でき、寄付されたチケットは来店客が自由に使用できる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第536号(2022/5/25発行)19面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる