CARAが中国向けSNSマーケ強化、セリーヌなど単月販売件数が1.6倍に

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

CARAが中国向けSNSマーケ強化、セリーヌなど単月販売件数が1.6倍に

2022年07月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CARA、WeChatミニプログラムの単月販売件数が約1.6倍に伸長.jpg

WeChatミニプログラムの単月販売件数が約1.6倍に伸長

セリーヌなどを扱うヴィンテージブランド店「CARAヴィンテージ&セレクト」(運営:ブリスコア、東京都新宿区)では、中国向けSNSマーケティングの効果が表れ始めている。WeChat(WC)ミニプログラムでの単月販売件数を、ここ2ヵ月ほどで約1.6倍に伸ばしている。

WCは中国のSNSのなかでもメッセージのやりとり(チャット)に利用されるアプリで、LINEに近しいとされる。ミニプログラムとはアプリ内にあるインストール不要の軽量アプリをいい、事業者が商品をEC販売できる「売り場」を設けることもできる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる