GTオークション、1周年記念大会の出来高22億円

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

GTオークション、1周年記念大会の出来高22億円

2022年08月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GTホールディングスのブランド品等を競る古物市場「GTオークション(会場:新横浜)」が7月で1周年を迎え、記念大会の出来高が22億円となった。出来高の内訳は、時計は13.5億円、宝石は2.5億円、バッグは6億円。出品数は時計で306箱(1箱約10点)、宝石339箱、バッグ572箱と1万点以上の商品が出品された。

落札商品の配送料を無料に

1万点以上の商品が出品1万点以上の商品が出品

買い手は約200社が参加。時計・宝石会場はコロナに対応したパーティションを設置し、1人1台の下見専用デスクを50台設置。1周年を記念し7月開催から落札商品の配送料を無料(来年6月までの1年間)にした。

「商品の質が良いと会員様からのお声を頂いております。新横浜駅から徒歩数十秒の立地で、来年には東急東横線も新横浜駅に直結するため、都内からのアクセスも良くなります」(エクシードジーティー 酒井久文営業推進部部長)

同オークションは、入札方式で会場での現物下見の他、Web上で商品画像を確認しながら入札が出来る。落札手数料は、時計が2% 、宝石3% 、バッグ5%。出品手数料は2% 。入会金、年会費は無料期間を延長して継続している。

第541号(2022/8/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる