柏木トレーディング、富裕層向けダイヤ伸び 外商で年間2億円

検索

柏木トレーディング、富裕層向けダイヤ伸び 外商で年間2億円

2015年03月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資金を転換する動き有り 今後は免税対応も

「HAPPY」の屋号でダイヤ、色石の買取り・卸などを行う柏木トレーディング(東京都台東区)が、富裕層向けのダイヤ販売を伸ばしている。

2014年12月期の売上高約7億円のうち、2億円が富裕層を中心としたダイヤの外商。現在顧客が100人程度おり、外商の売上構成比は前期比約2倍に拡大。今期はさらに伸長が予測されると言う。

「近年アベノミクスで資産を増やした上場企業社長や士業の人達が、資産の一部をダイヤ化する動きが見られている」(柏木章秀代表)と話し、当面富裕層向けの外商を強化する方針だ。また円安も追い風で中国人客などの購入も増加傾向のため、今後は免税販売にも対応する予定。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

363号(2015/03/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる