中古レコードの世界【第17回】、CITY POP人気とドラゴンボール世代との関係性

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

「中古レコードの世界」

中古レコードの世界【第17回】、CITY POP人気とドラゴンボール世代との関係性

2022年09月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第17回CITY POP人気とドラゴンボール世代との関係性

最近のシティ・ポップの人気には目を見張るものがあります。70―80年代の「洋楽風」歌謡曲のレコード「CITY POP(シティ・ポップ)」は、つい4―5年前まで大手リユースショップのジャンクコーナーでは100円で売っていたり、多くのレコード店では販売の見込みが立たず「廃棄」していました。それが今や弊社NY店では100ドル以上で販売されているものが多くあります。

この流行のきっかけは、2010年代初頭に欧米でヴァイパーウェイヴやフューチャーファンクと呼ばれる、若者から人気の音楽ジャンルのアーティストが、日本のシティ・ポップをサンプリングネタとして多用したことから始まったと言われております。

廃棄や100円のジャンク品が1万円以上の値に

竹内まりや/プラスティック・ラブ竹内まりや/プラスティック・ラブ

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第542号(2022/8/25発行)7面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる