glows、デザイン専門学校の無人古着店 古着や学生のリメイクアイテムが約540点

検索

テクノロジーの力でリアル店をアップデートしよう! Reuse×Tech Conference for 2023 ONLINE

glows、デザイン専門学校の無人古着店 古着や学生のリメイクアイテムが約540点

2022年09月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

glowsには大学生や高校生が多く来店するという.jpg

デザインの専門学校、文化デザイナー学院(茨城県水戸市)の地下一階に昨年秋にオープンしたリユースショップ「glows」。ファッションビジネス学科の授業の一環で、学生8名が中心となり同店を作った。

店のコンセプトは「新しいものは売らない」こと。売られているのは、全面協力している古着店から仕入れたヨーロッパ古着、学生がリメイクした家具や服、形がいびつなどの理由で使い道がなくなった材料で作られた雑貨だ。店名の「glows=輝き」にあるように、使われなくなったものをもう一度輝かせたいという意思が込められた商品ばかりだ。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる