思い出の一冊【30回】古書 明日、憧れの随筆家の直筆原稿

検索

「思い出の一冊」

思い出の一冊【30回】古書 明日、憧れの随筆家の直筆原稿

2023年11月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い出の一冊

古書店主に、思い出に残っている一冊を紹介してもらうリレー連載。第三十回目はゆうらん古書店の今村亮太さんの紹介で、古書 明日の田中大士さんが登場する。

「目が合って」しまい購入

古書 明日 山本夏彦 「おじゃま虫」 直筆原稿山本夏彦
「おじゃま虫」
直筆原稿

思い出の一冊と言っていいのかわかりませんが、自分にとっては、山本夏彦さんの「おじゃま虫」というエッセイの直筆原稿がそれになります。

高校時代から山本さんの、竹を割ったような明快な文章が大好きで、憧れのエッセイストでした。著作もほとんど読んでいます。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第572号(2023/11/25発行)23面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる