中古車輸出のビィ・フォアード、アフリカで中古パーツBtoB

検索

中古車輸出のビィ・フォアード、アフリカで中古パーツBtoB

2016年12月29日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タンザニアに事業所設置

中古日本車・パーツ輸出やECで年商430億円を上げるビィ・フォアード(東京都調布市)が来年1月末を目途に、アフリカ・タンザニアにBtoBの事業所を設立する。

アフリカで中古カーパーツ需要が増しているアフリカで中古カーパーツ需要が増している

同事業所は現地パーツ販売店・ディーラーとの商談や、同社が運営する中古パーツECを利用した仕入れ方法等の説明場所として使う。アフリカでも有数のカーパーツ街であるタンザニアのカリアコにこれを設置。「ローカルで商売する事業者をターゲットに、アンテナショップのような位置づけ」(丹龍太郎氏)で展開を進めると言う。

アフリカでの中古車流通台数に比例して、交換用のパーツ需要が現地で発生している。BtoBを強化することでこれに応える。「故障あるいは技術力の問題で修理しきれない部分があれば交換せざるを得ない。パーツ仕入れが不足している業者等に提供できれば」(中村知広氏)。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

406号(2016/12/25発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる