三洋堂書店、古本ECに意欲

検索

三洋堂書店、古本ECに意欲

2017年01月13日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アライアンスで早期立上げ目指す

愛知・岐阜・三重を中心に新刊書店を直営で80店強展開する三洋堂ホールディングス(愛知県名古屋市)が、古本販売・買取のECサイトを作る構想があると本紙取材で明らかにした。

各店で買取りを訴求している各店で買取りを訴求している

古本ECの構築に向け、同社はEC展開に強い企業とのアライアンスを検討。「できるだけ早期の立ち上げを目指している」(吉田真之氏)と話す。

同社の今期連結売上高は220億円の見込みだ。新本・雑誌・パッケージメディア・文具等を販売する傍ら、古本を成長部門と位置付けて注力。今期は古本事業で6億5000万円、前期比17%増を計画している。同事業は2008年10月から行っている。

同社が古本ECを立ち上げる狙いは大きく2つある。1つは商圏の拡大だ。同社は直営約50店に10〜50坪の古本売り場を設けて展開し、「東海3県中心に、古本も楽しめる店として知名度を獲得している」(吉田氏)と言う。次のフェーズとして、近隣に店舗がなく来店できない客層の取込みを図る。

新刊書店の内部で古本売り場を展開新刊書店の内部で古本売り場を展開

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

407号(2017/01/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top