マガシーク、古着販売に着手

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

マガシーク、古着販売に着手

2017年08月17日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベクトルが査定提供

総合ファッションECサイトを運営するマガシーク(東京都千代田区)が、アウトレット通販サイト「OUTLET PEAK」内に、古着を販売する新サービス「USED PEAK」を7月21日にオープンした。

USED PEAKのホームページ

USED PEAKのホームページ

古着買取販売のベクトルグループ(岡山県岡山市)が、買取・査定を行い、商品提供する。両社は2017年5月に戦略的業務提携を締結している。

仕組みは、マガシーク会員向けの宅配買取サービス「マガシークブランド古着買取サービス supported byフクウロ」で買取った商品を、ベクトル側で査定し、状態が良いアイテムのみを選定しマガシークへ納品。マガシークは商品データを確認し、「USED PEAK」で販売する。

一部商品は、ベクトル運営の「ベクトルパーク」や楽天市場、ヤフオク!などへも同時出品する予定。

マガシークは古着販売に先駆け、6月7日に会員向けの買取りサイトをオープンしていた。古着事業を同社の柱とする方針で、2〜3年以内に売上高20億円を目指すと言う。

USED PEAKの仕組み

421号(2017/08/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top