豊田通商、建機特化型シェアサービス

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

豊田通商、建機特化型シェアサービス

2017年09月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショベルカーもスマホで

トヨタグループの豊田通商(愛知県名古屋市)が建設機械に特化したシェアリングサービス「Jukies(ジューキーズ)」を7月から開始した。

Jukiesは、法人・個人対象でショベルカーやフォークリフトなど商材も幅広いJukiesは、法人・個人対象でショベルカーやフォークリフトなど商材も幅広い

Jukiesは法人・個人問わず利用できる。商材は建設現場で使う物全般で、ショベルカーやフォークリフト、農機、建設現場で使うクーラーなど多岐に渡る。

出品は同社が面談し、安全性などの審査を通過したユーザーのみ可能。加えてレンタル中の補償も手厚く、故障や事故時は『動産賠償補償』、『施設所有(管理)者賠償責任補償』でカバーする。

レンタル会社と比べて、安く利用できる場合もあると言う。

「レンタル会社よりも安く価格設定しているオーナーさんも多いです。またレンタル会社から借りる場合では、個別に保険加入が必要なケースもあり、審査期間や保険料が別途かかることがありました。一方Jukiesは思い立ったら、スマホから手軽に借りることができます」(中島領介主任)

狙いは、建設会社や個人所有の遊休資産の活用だ。「日本の建機は1年で1〜2ヵ月しか動いていないとも言われるほど、稼働率が低い。法人だけでなく個人も巻き込み、遊休資産を活用する『シェア』という新たな使い方を浸透させたい」

豊田通商建機第一グループ 中島領介主任豊田通商建機第一グループ 中島領介主任

424号(2017/09/25発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top