マックスガイ、東京エムジーオークション1周年

検索

マックスガイ、東京エムジーオークション1周年

2017年10月02日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出品量初競りの2倍に

ブランド買取専門店「ザ・ゴールド」を展開するマックスガイ(東京都中央区)が主催するブランド古物市場大会「東京エムジーオークションby JWA」が9月で1周年を迎えた。

1周年記念大会の様子1周年記念大会の様子

9月10日に開かれた1周年大会では、出来高が2・7億円となった。時計157箱(1箱約10点)、ジュエリー144箱の合計301箱が出品され、初競り時の約160箱と比べ約2倍に増加した。当初は出品の約7割強をマックスガイの商品が占めていたが、今では約5割程度と他社からの出品が増えてきている。

また、バイヤーも3割程度増加。小売りや卸、海外輸出を行うバイヤー等が参加していると言う。「10万円以下の中価格帯の商品が充実しているのが支持頂いている理由のひとつだと思います」(任周壎オークションチームリーダー)。

同オークションは、マックスガイがブランド古物市場JWAを運営する日本オークション協会事務局(東京都港区)と提携し開催。運営をJWAが行い、マックスガイは負担を軽減しながら開催している。

新聞購読ならすべての記事が読める!

424号(2017/09/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top