ハードオフが新刊書店、屋号は「ブックオン」

検索

ハードオフが新刊書店、屋号は「ブックオン」

2017年11月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読み終えたら売って

ハードオフコーポレーション(新潟県新発田市)は11月10日、新刊書籍販売店「ブックオン四街道店」を「ブックオフ四街道店」に併設オープンした。

「ブックオン」のイメージ「ブックオン」のイメージ

売場面積は82坪で、蔵書数は3万3000冊。コンセプトは『「読みたい」が「見つかる」身近な本屋さん』。中古本と新刊本それぞれの良さを活かし、例えばブックオンで本を購入(ON)して、読み終えたらブックオフに売る(OFF)など、お客の本棚代わりとして気軽に利用してもらう事をイメージしている。

ネットで購入する時代だからこそ、目で見て触れて「思いがけない本」との新たな出会いを楽しんでもらいたいとの考えを示している。

新聞購読ならすべての記事が読める!

428号(2017/11/25発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top