《古物市場データ》オークションハウス加納、豊かな物量で出来高350万円

検索

「古物市場データ」

《古物市場データ》オークションハウス加納、豊かな物量で出来高350万円

2017年12月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

古物市場データ
オークションハウス加納

会  場 埼玉県さいたま市岩槻区大字徳力798-9
開 催 日 毎月4の付く日に道具、9の付く日にアパレル・ブランド
時  間 10:00〜終了まで

市場の様子。大型ソファーを競っている市場の様子。大型ソファーを競っている

オークションハウス加納(埼玉県さいたま市)では毎月4の付く日に道具市、9の付く日にブランド・アパレル市を開催している。

道具市ではバリエーション豊かな物量と活気ある雰囲気が、市場を賑わせる。1回の平均出来高は約350万円。

平均出来高(1回) 350万円
中心落札価格 3000~6000円
参加人数(1回) 50人
登録会員数 1000人

オークションハウス加納 グラフ※出品点数構成比は、道具市での構成比です。

「1日の出品点数は数え切れない程ですが、競りは朝10時から夜10時まで行うこともあります」(加納光正社長)。

道具市では出品の半分が定番の家具・家電。もう半分が生活雑貨や電機工具など多品目に渡る。取材した10月4日の道具市では、MKマエダの大型ソファー、ドラムセット、高速サンダー刃15枚セット、車のバンパー、レディーストルソー、サトウキビ原料の台所用洗剤「シュガーバブル」などの商品が会場を沸かせた。

トルソーを競っている様子冷蔵庫を競っている様子トルソーや冷蔵庫を競っている様子

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

429号(2017/12/10発行)9面

Page top