Housing Works Bookstore Cafe(ハウジング・ワークス・ブックストア・カフェ)、売上はHIV保持者や低所得者の支援に使用《海外の二次流通》

検索

「海外の二次流通」

Housing Works Bookstore Cafe(ハウジング・ワークス・ブックストア・カフェ)、売上はHIV保持者や低所得者の支援に使用《海外の二次流通》

2018年02月05日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューヨークで人気の古本ブックカフェ

吹き抜けの店内には木製の螺旋階段、奥にはバーもある吹き抜けの店内には木製の螺旋階段、奥にはバーもある

電源やwifiは使い放題充実のカフェメニューは低価格

Housing Works Bookstore Cafe(ハウジング・ワークス・ブックストア・カフェ)はニューヨークのダウンタウンにある古本ブックカフェだ。営業時間は平日が午前9時から午後9時まで、週末は午前10時から午後5時まで。店舗は木製の螺旋階段が付いた吹き抜けの2階建てで、天井高は20フィート(約6メートル)もある。本のセレクションの豊かさはニューヨーク一という利用者が多く、絵本や子ども用の本もある。広々とした空間には椅子やテーブルがふんだんに置いてあり、電源やwifiは使い放題、本も読み放題。椅子も子ども用のものが用意されている。

カフェではコーヒー、ビール、ワインなどのほか、ペストリーやサンドイッチなどの軽食も提供している。奥にはバーもある。コーヒーはシカゴ生まれのインテリジェンツィア、ビールは鯨のマークが目印のロングアイランドの地ビール、ロングアイランドハーバー、サンドイッチはソーホーの人気店、バルサザールというこだわりようだが、価格はニューヨークとしては驚くほど良心的だ。地元民から「ソーホーの最高の隠れ家」として愛されているほか、SNSで情報が拡散され、ツーリストの人気スポットとなっている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

432号(2018/01/25発行)13面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる