使ったからこそできるアドバイス ― 愛品倶楽部 流山店 副店長 平間一也さん

検索

「仕事ができる人の1日」

使ったからこそできるアドバイス ― 愛品倶楽部 流山店 副店長 平間一也さん

2018年02月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができる人の1日

総合リサイクルショップ愛品倶楽部流山店(千葉県流山市)の副店長・平間一也さんは、趣味のキャンプでの経験を接客や仕事への姿勢にも活かしている。

愛品倶楽部流山店副店長 平間一也さん愛品倶楽部 流山店 副店長 平間一也さん

オンとオフ切り替え上手な平間さんの1日

オンとオフ切り替え上手な平間さんの1日

キャンプの経験を接客に活かす

バイクで世界一周が夢という平間さん。まずは日本からと2年前、北海道をキャンプしながら横断した。

映像でしか見たことがなかった絶景を見たり、ライダー同士がすれ違う時に手を挙げる挨拶「ヤエー」も体験。地元の人も親切で、今までにない達成感を味わった。

愛車のフォ ードF150とバイク写真は愛車のフォードF150とバイク

1年後、今度は一周を目標に北海道に行ったが、あいにく台風が直撃。ルートを変更しなかったためにずぶ濡れになり、計画は大失敗。「臨機応変に対応する大事さを痛感した」(平間さん)。それは仕事の進め方にも通じると感じている。

自分でキャンプをしていることで、お客に的確なアドバイスができるようにもなった。

「お客様にはどこでキャンプをするのか、どう使うのか、よく話を聞くようにしています。夏用のシュラフ(寝袋)は、冬は寒くて使えませんし、ガスバーナーは標高の高いところでは火が着きにくい。長い時は接客に1時間かけることもあります」と平間さん。丁寧な接客が買取りにも結びついている。

平間さんのキャンプの様子平間さんのキャンプの様子。キャンプにはバイクで行く。使った人しか分からない情報をお客に伝えている。

平間一也プロフィール
36歳。29歳の時にケーヨーテクノに入社。以前からバンドをやっており、楽器のネットオークションを経験していたことからレジャー担当になる。31歳で柏店の副店長となり、2017年12月からは流山店の副店長。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

432号(2018/01/25発行)13面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる