【一工夫レポート】SUNNY SIDE UP 提案型ラックで売上5倍に

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

【一工夫レポート】SUNNY SIDE UP 提案型ラックで売上5倍に

2018年04月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【一工夫レポート】
成功を収めているところには必ず理由がある。商品ディスプレイ、メンテナンス、会員特典...事業の運営において様々な工夫を凝らしている企業・店舗を訪問。今回はリサイクルショップ、古着店などの4社をレポートする。

CASE1:SUNNY SIDE UP 下北沢店

1_2.JPG

▲1つのラックにまとめて配置

提案型ラックで売上5倍に

古着を取り扱っているSUNNY SIDE UP 下北沢店(東京都世田谷区)では、「さりげない提案型のラックをつくる」ことで売上を5倍に上げた。 
商品をカテゴリごとに分けてラックをつくるのではなく、ひとつのラックに「トレーナー」や「Tシャツ」、「ジャケット」、「スカート」を戦略的に並べている。
すると、「Tシャツを手に取った人がラック内のジャケットも一緒に買う」というような現象が起きると言う。
マネキンや吊るしで提案するのではなく、ラックを見ただけで全身コーディネートがお客の頭に浮かぶよう、立体的に売場をつくる。さりげなさがポイントだ。

1_3.JPG

▲シャツとジャケットも一緒に配置している


「商品がよく動いている時には、そのラックを継続して作っています。在庫の動きが鈍いなと思った時には、すぐに別の色味やテイストなどで新たなラックをつくりチャレンジしています」(竹村未来店長)

1_1_竹村未来店長.JPG

▲竹村未来店長

第437号(2018/04/10発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top