【一工夫レポート】リサイクルショップリボン 『メルカリの原始版』で不用品をマッチング

検索

【一工夫レポート】リサイクルショップリボン 『メルカリの原始版』で不用品をマッチング

2018年04月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【一工夫レポート】
成功を収めているところには必ず理由がある。商品ディスプレイ、メンテナンス、会員特典...事業の運営において様々な工夫を凝らしている企業・店舗を訪問。今回はリサイクルショップ、古着店などの4社をレポートする。

CASE2:リサイクルショップリボン 大井町店

再度_A.JPG

▲大型商品を手放したい人をつないでいる

『メルカリの原始版』で不用品をマッチング

品川区役所内にあるリサイクルショップリボン大井町店(東京都品川区)では、不用品交換ボードを設置している。
不用品交換ボードは、家具等の大型商品を手放したい人と求めている人を繋ぐ掲示板。掲載は無料。期限は1ヵ月間。
申請方法は、店頭で配布している申し込み用紙を貰い、住所や商品の使用年数、希望販売価格等を記載する。

用紙.JPG

▲ボードで使用している「譲ります」と「譲ってください」の用紙


取引の際、従業員からお客に予め注意事項を伝え、トラブル防止を心掛けている。自宅住所は詳細まで書かず、近くの公園などで取引ができる様に声掛けを行う等、取引する者同士プライバシーを守れる様に工夫している。
「18年前から続けていますが、区外の方も利用して頂く等、好評を頂いております。取り組みはメルカリの原始版だと思っております。利用をきっかけに、リサイクルを身近に感じてほしいと思っております」(佐藤清隆店長)。

13PA-2.jpg

▲佐藤清隆店長
新聞購読ならすべての記事が読める!

第437号(2018/04/10発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top