【一工夫レポート】あい川質店 「直営店で新品仕上げ」

検索

【一工夫レポート】あい川質店 「直営店で新品仕上げ」

2018年04月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【一工夫レポート】
成功を収めているところには必ず理由がある。商品ディスプレイ、メンテナンス、会員特典...事業の運営において様々な工夫を凝らしている企業・店舗を訪問。今回はリサイクルショップ、古着店などの4社をレポートする。

CASE3:あい川質店

品質に安心感もたらす「直営店で新品仕上げ」

質店を80年営むあい川質店(東京都台東区)では、ネットショップで「直営店で新品仕上げ」と記載している。ただすごく綺麗ですと書くよりも、具体的に〝品質が保証されている証〟があると、お客に安心して購入して貰えるという。この取り組みは主に、修理に2~3万円払っても余裕がある10万円以上のブランドジュエリーのみ対応しているという。

3_2.PNG

▲「カルティエ直営店にて新品仕上げ済。」と記載

3_3.PNG▲石の状態を書き込むことで品質がわかる


「ネットショップは対面販売と異なり、お客様の顔色を見る事や、実際に商品を手に取ってもらうことができません。商品情報をより細かく書く事で、〝この商品の状態は良いんだなあ〟と思って購入していただけます」(相川武一店長)
新品仕上げ済以外にも、保証書、修理票、箱など付属品が揃っている事も書き込んでいる。

3_1_相川武一さん.jpg

▲相川武一店長
記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第437号(2018/04/10発行)12面

Page top