老舗質店担う若き経営者 ~交友録(70) あづまや質店 山屋 聡一朗氏~

検索

老舗質店担う若き経営者 ~交友録(70) あづまや質店 山屋 聡一朗氏~

2018年07月09日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

交友録 記事中タイトルバナー

第70回 交友録
山屋 聡一朗氏の交友録

あづまや質店_山屋聡一郎氏.jpg

右矢印

伊勢屋_南川信氏.jpg

あづまや質店
(北海道札幌市)
山屋 聡一朗氏(40)

伊勢屋
(北海道札幌市)
南川 信氏(32)

老舗質店担う若き経営者
賢さと心遣い、行動力備えた人

伊勢屋の南川信さんと知り合ったのは約1年前、お父さんの南川透さんを通じてでした。

私はいま全国組織の真贋勉強会に所属しており、その組織の北海道地区のリーダーなのですが、透さんから「最近修行から戻ってきた息子が、勉強会に興味を持っているのだが...」と打診があったのです。

それから、信さんも月1度の勉強会に出席するようになり、そこで定期的に顔を合わせています。

信さんは賢さと真面目さ、そして行動力を兼ね備えた爽やかな青年です。
組織の中で人が滅多に気づかぬことにも気づき、細やかな心遣いや配慮をしてくれるので、いつも感心しています。

また、良いと思ったことは面倒がらずに即行動に移すフットワークの軽さも備えています。
いずれもリーダーに欠かせぬ資質ではないでしょうか。そのような資質は東京での修行時代に培われたようです。

学生時代から質店を継ぐと決めていたそうですが、「可愛い子には旅をさせよ」というお父さんの方針で、大学卒業後は専門商社、大手リユース会社、そしてロデオドライブと、計8年も他社で修行していました。そのかいあって、現在はすすきのの一等地にある本店を任され、伊勢屋南川の社長にも就任しています。

32歳で100年の歴史がある質店の経営を担っているわけですが、立派に重責を果たしています。

若者が減っている質業界にとって、信さんのような存在は貴重で、将来が楽しみな青年です。

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第442号(2018/06/25発行)19面

Page top