リステージ オフィス家具中古パーツ販売

検索

リステージ オフィス家具中古パーツ販売

2018年08月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リステージ

オフィス家具中古パーツ販売
EC公開年内に

オフィス家具のネットオークション事業を行うリステージ(東京都中央区)がオフィス家具に特化して中古パーツの販売を開始する。年内に販売サイト「パーツランド」の公開を予定。
270坪の専用倉庫を用意して解体・仕分けなど準備を進めている。オークションの売れ 残りや不良品など廃棄に回さざるを得なかった家具をねじ・キャスター・ひじ掛けなどのパーツに分解。クリーニングなどのメンテナンスを施してからECで販売する。

利用者はサイト上で会員登録すると購入できるようになる。中古家具業者だけでなく、施工業者や一般の登録も受け付ける。

「これまでは部品が不足していたり、傷がついている商品は再販できずにスクラップされてきた。パーツとしてストックすることで中古オフィス家具を再生 できる仕組みを作りたい」(高鉾龍代表)。
2A_1.JPG                    ▲高鉾 龍代表

パーツの分解は一点一点手作業で行う。種類やサイズなどのデータベースを構築しながら進めている。
8月時点で100種類・2000点以上の部品を集めており、オープンまでには数万点規模で用意する予定だ。
リステージはオフィス家具を中心とした業者向けネットオークションを週1回開催してる。
WEB上で競りに参加できる利便性から支持を集め、1回の出来高は1500万円を超える。
一方、不良品など 「年間で4トントラック144台分が廃棄に回っていた」(同代表)と言う。ここから有用な部品を回収することで、事業者の利便性だけでなく環境負荷の低減にもつなげる。

2A_NEW.JPGのサムネイル画像▲270坪の倉庫内の様子。分解時に損耗し易い部分のDB化も実施。
EC会員に公開を予定する

▼関連記事はこちら
商品データ共有、独自の物流網など目指す − 日本什器備品リユース業協会(JAFRA)
アップガレージ、カスタム車をまるごと買取り
《売れる商品リサーチ》ミニ四駆関連商品

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第446号(2018/08/25発行)2面

Page top