らしんばん、まとめ買い誘発で客単価アップ

検索

らしんばん、まとめ買い誘発で客単価アップ

2018年09月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

らしんばん

5A.JPG▲札幌店の外観

札幌店拡大で客数1.5倍
まとめ買い誘発で客単価アップ

中古アニメ系グッズの専門店「らしんばん」を展開するらしんばん(東京都豊島区)が、札幌店の客数を約1.5倍に伸ばしている。同人誌やDVD、フィギュアなどを扱う本館とゲーム館の統合で売場を拡大し、商品量を3倍に増加。まとめ買いの誘発で客単価も伸ばしている。


売場の拡大前は同一建物の3階に本館、ゲーム館、コスプレ衣装館を並列して展開していた。リニューアルにより各館を仕切っていた壁を取り払い、売場を一続きに展開 。コスプレ衣装館のみ4階に移設し、コスチューム服以外の商材と販売レジ及び買取カウンターを集約した。


リニューアルにより、「一度の買い物でより多数の商品を吟味でき、会計も1度で済ませられるようになった」(第一営業部 本田崇課長)と話す。リニューアル後2週間の出足はリニューアル前の同店平均実績と比べ、1日のレジ通過数は約1.5倍の450人程度、客単価は数百円アップと2000円を超え始めていると言う。
5-A1.JPG▲第一営業部 本田崇課長

同社は、らしんばんを全国・台湾で合計40店以上展開。「アニメ・ゲーム関連のことなら何でも揃える"萌えのコンビニ"」(本田課長)として、サブカル系グッズから、「ポケモン」など幅広い世代より支持のあるアニメキャラクターのグッズなど、様々な商品を販売している。

▼関連記事はこちら
【越後屋質店】サブカル店増加の影響で、アニメグッズが質草に
売れる商品リサーチ 仮面ライダーの商品
熊本地震の支援広がる

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第447号(2018/09/10発行)5面

Page top