《チラシ大研究》リサイクマ、月30万枚配布で1500件間に合わせ、成約率1割

検索

《チラシ大研究》リサイクマ、月30万枚配布で1500件間に合わせ、成約率1割

2018年09月23日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チラシ大研究

リサイクマのリサイクルショップ(兵庫県神戸市)

運営の武器にもなる店舗チラシは、
リユース業界でどの様に活用しているか?

  ▼表面 

1_表面.jpg

 ▼裏面

2_裏面.jpg

・自社キャラクターでPR

キャラクターを使う事で、親しみやすさを表現。ひとめ見ただけで覚えてもらいやすい。

・買取の項目やシチュエーションを表現

買取商品画像を掲載する事で、どういう商品を買い取っているかがわかりやすい。
同店の場合、家庭用エアコンだけではなく業務用も買取可能であることを、写真入りで表現。
買取シチュエーションを文章で掲載する事で、お客さんが利用する時のイメージができ、利用したくなる。

・会社情報をシンプルに掲載

査定している人がどんな人なのか、対象地域がどこまでなのか、お店がどこにあるか見やすく書いてある。

月30万枚配布で1500件間に合わせ、成約率1割

LIBERO(兵庫県神戸市)が運営している、リサイクマのリサイクルショップは、ルーム用・業務用のエアコン等の空調機器や、調理機器や冷凍冷蔵できる業務用厨房機器が主力。他にも骨董品、家具、介護用品など幅広く取り扱っている。

神戸中心に月30万枚

同店で配布しているチラシはA4の両面印刷。10年位前から配布をはじめ、ポスティングや新聞折り込みで配布を始めた。配布枚数は、月30万枚。配布しているエリア、神戸全域に加え、西宮、宝塚、芦屋、加古川と明石。

買取依頼増加

チラシを配るようになり買取依頼が増えた。反響は、1日70件、月1500件程の問い合わせがあり、そのうち1割が成約につながっている。

「アナログ見直し」

「今はインターネットが主流だが、アナログも見直されているので、地道に配布していきたい」(佐伯政紀オーナー)

●会社概要

店舗名:リサイクマのリサイクルショップ
会社名:株式会社LIBERO
代表者:吉本 美波
所在地:兵庫県神戸市
店舗数:1店舗

リサイクマのリサイクルショップは、LIBERO(兵庫県神戸市)が運営。ルーム用・業務用のエアコン等の空調機器、調理機器や冷凍冷蔵できる業務用厨房機器に力を入れている。

新聞購読ならすべての記事が読める!

第447号(2018/09/10発行)15面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top