【注目の取り組み】気軽にヨーロッパ暮らしを実体験

検索

【注目の取り組み】気軽にヨーロッパ暮らしを実体験

2018年10月17日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アンティーク家具店にキッチンスタジオオープン

キッチンスタジオ.jpg▲キッチンスタジオ。英国アンティークのカップや皿も使える


英国アンティーク家具販売の株式会社ケント(東京都目黒区)は、「KENT STORE東京目黒店」が入るビルの3、4階に増床。全5フロアとなるリニューアルを行った。新しくオープンした3階「プレミアムアンティークフロア」は希少性の高い商品を陳列している。4階はレンタルスペースとキッチンスタジオ。撮影やパーティーなどに自由に使える空間で、同店にある家具なら自由に選んで使うことができる。


「アンティークが特別なものとしてではなく、インテリアの1ポイントとして楽しんでもらえる時代になってきました。そこでもっとアンティークに親しんでもらえる売り場を作ろうと考えました」と樋口貴典社長。

樋口さん.jpg▲樋口貴典社長

4階スペースではアパレルブランドの展示会や個展、料理教室などにも活用してもらうことを考えている。「料理を通して、ヨーロッパのライフスタイルを気軽に体験してもらえる空間にしたいと思います」と話す。

パーティー.jpg▲4階のレンタルスペースで9月21日に行われたリニューアルオープンを記念したレセプションパーティーの様子

ケーキ.jpg▲パーティーではアフタヌーンティーを意識したお菓子も出された


家具の修理部門の売上が堅調

東京目黒店の店頭在庫はアンティーク家具だけで500点ほど。修理工場「ケントファクトリー」を持つ静岡本店には家具5000点、雑貨を含めると約3万点を有し、国内でも最大規模の商品数を誇る。樋口社長は「修理部門の売上が堅調です。当社の修理技術を評価していただき、同業数社から修理部門を委託していただいています」と話している。


カジュアル.jpg▲2階の「ポピュラーアンティークフロア」。
初心者でも安心して購入できるカジュアルなものを展示


プレミアム.jpg▲3階の「プレミアムアンティークフロア」。
当時のヨーロッパの生活シーンを再現している

▼関連記事はこちら
ケント、家具修理に新たな需要
フローラル マンション室内装飾品をリユース
【注目の新ショップ】グリモワール ライフスタイルにヴィンテージを

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第449号(2018/010/10発行)12面

Page top