イーパ 200の習い事が月6400円、子供の「才能発掘」で人気

検索

イーパ 200の習い事が月6400円、子供の「才能発掘」で人気

2019年01月28日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イーバ

6-C①.png▲イーパ!のトップページ

200の習い事が月6400円
子供の「才能発掘」で人気

YeePa(兵庫県西宮市)が運営する習い事マッチングサービス「YeePa!(イーパ!)」が人気を集めている。200種類の習い事から月額6400円で4つ選択することができる仕組み。子供の才能の発掘やコミュニケーション力の向上に役立つとして利用者が増えている。総面積100坪のフロアに、教室とスタジオをそれぞれ2つ用意している。ここで随時ダンスや英会話、けん玉など様々な習い事を開講している。メインターゲットは乳児から小学校。利用者は専用サイトから好みのコマを登録すると参加できる。

横山哲也代表は、このサービスを通じて「子供たちの才能の発掘を目指す」と話す。これまでの「習い事」は親の願望や思い込みで子供に習わせるケー スが多かったという。また、費用の面からも複数の習いごとを経験させることは難しい。しかし、イーパを活用することで、月額定額で200種類の習い事を選択する自由が生まれる。また100坪に4つの教室を設けた会場はガラス張りとなっており、子供が自発的に興味を持つ習い事を見つけるきっかけにもなる。

講師側にも都合がいい。空き時間に自分のスキルで稼げる上、一般的な公民館と異なり毎月固定でレッスンを押さえることができる。また、通常ではリーチできない利用者との接触も見込める。現在は登録会員数が400名、講師数150名となっている。今後はFC展開に力を入れていくといい、5年以内に50店舗の展開を目指す。2月にはFC第一号店を千葉に出店する見込みだ。

6-C②.JPG▲横山哲也代表

▼関連記事はこちら
メルカリ 学びのフリマアプリ「ティーチャ」をスタート
《Sharing Economy》スペイシー×サイタ、遊休スペースでスキルレッスン
メルカリがファンと交流会 小学生からYouTuberまで独自の活用法発表

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第456号(2019/01/25発行)4面

Page top