リングロー、廃校をIT機器学びの場に

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

リングロー、廃校をIT機器学びの場に

2016年08月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形・舟形町が全面協力

中古PC事業を行うリングロー(東京都豊島区)が7月26日、廃校でIT機器について学べる「おかえり集学校プロジェクト」を始動すると発表した。

山形県舟形町の廃校「長沢小学校」を、ITの普及と地域活性を行う施設として活用する。来年春ごろにオープン予定だ。具体的なコンテンツはこれから決定するが、中古PCを使った高齢者向けのパソコン教室や、PCの資料館、子供向けのPC組み立て教室、健康器具とIT機器を連動させたプログラム提供などを想定している。

)134年の歴史を持つ長沢小学校。原型のまま集学校として活用する。134年の歴史を持つ長沢小学校。原型のまま集学校として活用する。地域コミュニティーの核となるよう目指す

開設に向けて地域住民と座談会を行うなどして、需要をヒアリングしている段階だ。

「一過性ではなく、ずっと根付けるようにしたいので、町民の方の理解を得ることを重視しています」(碇敏之社長)

同社は集学校プロジェクトを全国展開する構想だ。既に千葉県の自治体から問い合わせが入っていると言う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

397号(2016/08/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top