ふかする「飽きない食事」を提供

検索

ふかする「飽きない食事」を提供

2019年03月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ふかする

6-C①.JPG▲店舗のようにも利用できる

遊休地に日替わり飲食店「飽きない食事」を提供

移動型店舗普及事業などを手がけるふかする(東京都港区)は昨年11月、東京・東銀座の遊休地にフードトラックとコンテナを設置し、人気飲食店のメニューを楽しめる「AKINAI銀座」をオープンした。コンテナ内にはテーブル席を備えており、昼はフードコートとして使用可能。アルコールも提供しているため、夜の利用にも対応している。

同施設は、駐車場など遊休地の新たな活用方法を提案する「シェアリングストア」事業の一環だ。活用されていない土地を商売の場にすることで、貸主はより多くの収益を得られるようになり、借主はリアル店舗の約1/5の賃料での出店が可能となるという。


主な客層である近隣のサラリーマンやOLたちを飽きさせないため、1日ごとに出店業態を変えることが特徴。将来的に拠点が増え、定期的に出店場所を変えることができるので、個人店は自信のあるメニューを提供し続けることができる。大手参入による値引き合戦を避けることにも繋がる。「現在、昼だけで約150人の利用客がいる。3~4月には400人の利用を目指す。また、これからの3年で、FCや地方展開を含め100ヵ所まで増やしていきたい」(代表取締役 鈴木悠太氏)。4月上旬までに東京都心部で3ヵ所、関西で2ヵ所の新規オープンを行う予定だ。

6-C②.JPG▲顧客の要望が新業態の出店に繋がることも

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》月額制ランチテイクアウト「POTLUCK」、 飲食店と顧客の関係を再構築
《Sharing Economy》チャージミー、モバイルバッテリーレンタルを都内20箇所で導入
《Sharing Economy》ソフトバンク、駐車場シェア 東京23区で実験

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第458号(2019/02/25発行)5面

Page top