バイセルテクノロジーズ、腕時計定額レンタル開始

検索

バイセルテクノロジーズ、腕時計定額レンタル開始

2019年03月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

バイセルテクノロジーズ

1A-1.png▲お客がレンタルしたい時計をハンターが調達する「バイセルハント」

出張買取事業を行うバイセルテクノロジーズ(東京都新宿区)が2月、時計レンタルに乗り出した。在庫の有無に問わず、「オーダーして調達してもらえる」体験を付加価値に据え、競合との差別化を図る。人気殺到により他社のサービスで借りられずにいた層の受け皿を担いたい考え。

腕時計定額レンタル開始
在庫なくても出張買取で調達

同社は2月20日に高級腕時計の定額レンタルサービス「バイセルハント」を開始した。まずはロレックスとウブロより計22種類の取扱いを始め、順次対象ブランドを拡大する。月額費は1万8000円~。利用者はウェブサイトからユーザー情報を登録し、希望モデルを選択する。同社ではその情報を元に、バイヤーを"ハント"に出向かせ調達を行う。

同社が主力事業としてきた個人宅への出張買取のほか、古物市場などあらゆる仕入チャネルから探索。1週間~2ヵ月を目安に、調達に成功し次第利用者へ届ける。調達の過程においては、その進捗を利用者にメール送信するなどコミュニケーションをとる。「これまでなかった、オーダーして自分のために仕入れてもらう、そして商品到着を待つ...という新しい体験にワクワクしてほしい。既存の類似サービスでは、特に高級ブランドの需要は高く、試したくてもなかなかアクセスできずにいると聞く。そこを当社が強みとする調達力でお客様のニーズに応えていく」(経営企画室 三橋健太郎室長)

同社は2015年よりリユース事業を展開。TVCMで知名度を高めながら、出張買取実績を上げている。昨年の取引件数は約20万件で、腕時計においては1万本強を買い取っている。「取扱商材の№1は着物ですが、着物と合わせて時計を買い取る場合もある。時計の買取量は全体から見れば割合は小さいが、依頼の件数では他社に引けを取らないボリュームがあるので、その分時計の買取量も多い状況」(三橋室長)

出張買取のエリアは一部の離島を除いた全国が対象。また全国に190人の査定スタッフを擁する。販売では自社EC「バイセルオンライン」を展開するほか、市場売却や催事販売を行っている。「バイセルハントは、当社のビジョンである『人を超え、時を超え、たいせつなものをつなぐ架け橋となる』を実現するための施策の1つという位置づけ。これまでリユース事業を展開してきた当社にとって新たな挑戦になる」(同室長)

1A-2.JPG▲経営企画室 三橋健太郎室長

▼関連記事はこちら
エコレ、ノンブランド品の出口開拓へ
ブランドリユースのマックスガイ社長インタビュー 「情熱持って」接客し集客
ワットマン、営業利益21倍に生産性向上が奏功

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第459号(2019/03/10発行)1面

Page top