買取り堂、島根出雲に新店

検索

買取り堂、島根出雲に新店

2019年03月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

買取り堂

3B-P1.jpg▲3月にオープンした買取り堂出雲店

島根出雲に新店
来期にはFC出店も

主に廃棄物処理事業を手掛け、2017年よりリユース事業を展開しているアースサポート(島根県松江市)が、買取店の「買取り堂 出雲店」を3月に出店した。松江店に続き2店目となる。今後はFC含め多店舗化に注力する考えで、来期までにはFC1号店を出店する予定だ。

同社は2017年6月に1店目となる買取り堂松江店を出店し、1年目で年商6600万円を上げた。同店は幹線道路に面し、広さは25坪。買取りの80%を個人からの店頭買取で占め、ブランド品や貴金属のほか、大型商材も扱っている。販売はネット系が45%市場売却を含めた法人取引が35%という構成。現在、2年目の年商として7500万円の着地で推移しているという。

「SEO強化と日々のブログ更新が奏功し、ネットからの買取集客に成功している」(栂野晶洋店長)2店目の出雲店も同様に幹線道路沿いに立地し、広さは18坪、同店では年商6000万円を目指している。同社は2013年に「片付け堂」の屋号で不用品回収事業を開始し、2017年に分社化した。片付け堂では既にFC展開を手掛けており10数社が加盟。アースサポートとしては今後、片付け堂の事業で培ったノウハウと買取り堂の事業をパッケージ化したFC店展開を視野に入れ、島根や近隣県での市場を取りに行く狙いだ。

3B-P2.jpg▲栂野晶洋店長

▼関連記事はこちら
《全国ダーツの旅☆島根県》買取り堂 細やかな心遣いと心ある接客
遺品整理は買取につながるか?高額品売却済も、価値ある物眠る
《トップINTER VIEW》ハードオフコーポレーション 山本 太郎副社長、二刀流からリアル店へシフト

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第460号(2019/03/25発行)3面

Page top