ブランディア、バッグの定額レンタル参入

検索

ブランディア、バッグの定額レンタル参入

2019年04月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

・「ブランディアレンタル」、月額4980円でバッグレンタル開始
・1月から最大10日間試着できる「試着サービス」も開始
・スタートアップ企業に加え、リユース企業の参入が増加

.......................................................................................................................................................................

ブランディア

ブランディア.JPG

バッグの定額レンタル参入
月額4980円、買取品から提供

「ブランディア」を運営するデファクトスタンダード(東京都大田区)は5月からブランドバッグの定額レンタルサービス「ブランディアレンタル」を開始する。同社で保有する55万点に及ぶ中古ブランドの中からレンタルニーズが高い人気ブランドでかつ、コンディションが基準以上の品を月額4980円で提供する。先行するバッグレンタル「ラクサス」の月額6800円より割安な設定だ。

レンタル対象となる商品のコンディションは、同社基準の「未使用」、「新品同様」、「美品」、「きれいめ」の中から選定する。将来的には、顧客が買取で貯めたポイントをレンタルで利用できるようにする。また、会員顧客所有のブランド品を同社が一定期間借り受けることで、会員に運用収益をもたらし、幅広いレンタル品を確保することも視野に入れている。同社では2019年1月から「試着サービス」の提供を開始。これは、中古品の購入金額の一部を「試着料」として支払うことで最大10日間、自宅で試着できるというものだ。想定以上のニーズがあったことから、所有にこだわらず、一定期間使いたいユーザーニーズに応えるサービスとしてレンタルを開始したと言う。

ブランド品のレンタルは、ラクサス・テクノロジーズの「ラクサス」(バッグ)やクローバーラボの「カリトケ」(時計)、エアークローゼット(衣料)が先行。2月にはバイセルテクノロジーズが時計レンタルの「バイセルハント」を開始した。これまでは、スタートアップ系企業が始めるケースが多かったが、リユース企業の参入が目立ち始めている。

▼関連記事はこちら
イーベイ・ジャパンが「イーベイ・ジャパンセラーサミット2019」を開催
ブランディアオークション、試着サービスで高額品購入を促進
ブランディア、24H以内の査定、最大8割成功

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第461号(2019/04/10発行)3面

Page top