フジ・ジャパン・オークション 出来高500万、比の道具市 日系のサプライヤー増加

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

フジ・ジャパン・オークション 出来高500万、比の道具市 日系のサプライヤー増加

2019年04月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3C-P1.JPG▲日本からフィリピンへ供給された中古家具などを競る

出来高500万、比の道具市
日系のサプライヤー増加

中古家具や雑貨を競るフィリピンの古物市「フジ・ジャパン・オークション」(運営:ゼロプラス・愛知県豊橋市)が日系サプライヤーを増やしている。一昨年に発足し、現在売り手業者を20社までに拡大。最大出来高が500万円までに成長している。遺品整理や不用品回収を主事業とするゼロプラスは一昨年8月に同市場を立ち上げた。同社はそれまで約10年間、日本からフィリピンへの中古品輸出を展開。

「透明性の高い市場」(荒津寛社長)を目指し、日本人スタッフが現地で倉庫管理を行うほか、「現地市場の相場より比較的低い中間マージン」(同社長)として、売り歩銭は落札額の15%。そのほか売り手は輸送料と、2万円のコンテナ管理手数料を負担する。「海外輸出するためのつてが乏しい業者は、現地仲買人により高いマージンをとられがち。例えば落札100万円に対し最終的な手取りが20万円となってしまうという声も聞く」(同社長)現在1000組の現地ビッターが登録。1回に80~100組が参加している。開催は週2回。

第461号(2019/04/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top