《Sharing Economy》アウトドア用品レンタル「TENT」、 気に入ったら購入も可能

検索

《Sharing Economy》アウトドア用品レンタル「TENT」、 気に入ったら購入も可能

2019年05月06日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TENT

カウリル.jpg個人間でのレンタル・売買機能も実装予定

キャンプ用品レンタルサービス「TENTAL」やアウトドア情報メディア「CAMPIC」を運営するTENT(東京都品川区)は3月8日、アウトドア用品のレンタル&売買アプリ「カウリル」のios版をリリースした。同サービスは、個人のアウトドア用品をレンタルして、気に入った場合にはそのまま購入できるというもの。カウリルには話題のテントやキャンプギアが、新品から中古まで多数出品されている。

キャンプ初心者でも気軽に借りることができ、購入する場合には、販売金額からすでに支払ったレンタル料金を差し引いた金額を支払えばいい。出品者は、使わなくなった道具を貸したり売ったりすることができる。キャンプ用品を預ければ、運用はカウリルが完全代行する。

▼関連記事はこちら
ソフマップ、エイブルと提携
【話題のサイト】ECサイト「otii」古着のセット売りが人気
BELAY アウトドアのフリマサイト 若い世代の利用者狙う

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第462号(2019/04/25発行)14面

Page top