唐沢農機、パーツを取寄せ 自分で農機具再生可能に

検索

唐沢農機、パーツを取寄せ 自分で農機具再生可能に

2019年05月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

唐沢農機

71d24cd7612c45ea9b5ad2e995dc29b0_s.jpg

唐沢農機サービス(長野県東御市)は、運営する中古農機流通支援サイト「ノウキナビ」にて「パーツ取り寄せサービス」のオフィシャル化を実施した。

農機具のパーツには消耗品もあり、その取替えの際には農機具屋に相談に出向く、もしくは整備士の出張依頼を行なう事になる。また純正パーツは正規販売代理店のみしか販売していない。しかし、このパーツ取寄せにより、農機具保有者が自ら農機を再生できるようになり、整備工場への持ち込み等の手間が省け、効率よく農作業を行える。

現在の取寄せできる農機具メーカーは8社だが、今後は全226社を目指す。

▼関連記事はこちら
《Sharing Economy》メルカリグループ、車パーツフリマ開始
唐沢農機サービス、取引累計3億円を突破
GROWTH POWER、中古建機売買サイト掲載2万件に

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第463号(2019/05/10発行)6面

Page top