【意識調査】ゲオホールディングス、何をいつ「断捨離」するか調査

検索

【意識調査】ゲオホールディングス、何をいつ「断捨離」するか調査

2019年05月24日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ゲオホールディングス

ゲオホールディングス(愛知県名古屋市)は、ゲオアプリの会員7593人を対象に「断捨離に関するアンケート」を2月に実施した。今では不用品の片付けとして定着した「断捨離」だが、アンケート結果から、人々が断捨離したいものやそのタイミングなどの事情が見えてきた。

何をいつ「断捨離」する?
手放すもの1位は衣料品・服飾品

まず、断捨離を試みたことがあるかを聞くと「はい」が59.4%となり約6割の人が試みたことが分かった。

次に断捨離の理由については、1位が「物が多いから、増えたから」(60.4%)で2位の「気分転換・心機一転したいから」(27.8%)に大差をつける結果となった。

また、断捨離のタイミングについて聞くと「物が増えた時」(35.5%)が1位で、次いで「気が向いた時」(34.9%)が2位、「大掃除」(27.0%)が3位となった。中には、「お金が必要になったとき」という回答もあった。

何を断捨離するかについては、1位「衣料品・服飾品」(62.9%)が圧倒的に多く、次いで「本・マンガ・雑誌」(35.7%)が2位、「おもちゃ・ぬいぐるみ」(22.1%)が3位となった。

16面表2.jpg

また、断捨離したものをどうするかを聞くと、「捨てる」(49.6%)が1位で、「リユース・リサイクルショップに売る」(46.1%)が2位、その他に「フリマやネットアプリに出品」(12.4%)などの回答があった。

16面表3.jpg

それでは断捨離した物を売る(出品する)場合に何を重視するかを聞くと、1位は「価格」、2位が「手軽さ」、3位が「即金性」という結果となった。

16面表1.jpg

アンケート結果から、6割の人が物が増えた時に主に衣料品や装飾品を断捨離していることが分かった。

 

▼関連記事はこちら
【意識調査】ラクマのシニアユーザーが激増
【意識調査】GUリアルファッションラボ、不要品はショップやフリマアプリで売却
《繁盛店の店づくりVol.200》セカンドアウトドア越谷谷中店(埼玉県越谷市)、アウトドア専門リユース店 大量の品揃えでインパクト

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第463号(2019/05/10発行)16面

Page top