《全国ダーツの旅☆東京都》ひるねこBOOKS、男性客が愛した北欧本引き継ぎ 絵本イベント開催で魅力伝える

検索

《全国ダーツの旅☆東京都》ひるねこBOOKS、男性客が愛した北欧本引き継ぎ 絵本イベント開催で魅力伝える

2019年06月08日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リサイクル通信 全国ダーツの旅

~東京都 編~

ダーツの矢がささったエリアのリサイクルショップに取材するコーナー

19-p04(上) - コピー.jpeg▲店舗は下町情緒が残る谷中にある

男性客が愛した北欧本引き継ぎ
絵本イベント開催で魅力伝える

ひるねこBOOKS(東京都台東区)は2016年1月に「猫の街」として知られる谷中にオープン。猫の本や絵本・児童書、暮らしの本などを得意とし、古書をメインに新刊も扱っている。また、北欧関連の本や雑貨にも力を入れており、その情報をSNSで頻繁に発信している。

開業して間もなく、そのSNSを見て定期的に来店するようになった60歳位の男性がいた。男性は北欧関連の仕事をしていた。ある時、北欧の本を売りたいと申し出があり、本がぎっしり詰まったダンボール箱が3箱ほど送られてきた。

「その中には稀少な本もあって、北欧関連の在庫が一気に充実しました。今年は4月25日から5月16日まで『北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ』を開催したのですが、そのようなイベントができるのもその方のお陰です」と小張店主。

19_p05(下).jpeg▲『北欧ヴィンテージ絵本展Ⅱ』のコーナー

19_p03 - コピー.jpeg▲小張 隆店主

雄大で美しい自然が広がる北欧には、大昔から語り継がれてきた神話がたくさん残っており、それをもとにした絵本がたくさんある。男性が長年買い集めた北欧の本は、ひるねこBOOKSを通じて日本の若い世代に引き継がれ、素朴で温かみのある北欧絵本の魅力を伝えている。

▼関連記事はこちら
ブックオフ、4期ぶりに黒字転換 既存店好調、当期純利益21.7億円
《Sharing Economy》hitotoki、交流重視のシェアハウス運営本・旅・珈琲好き向けの家オープン
《全国ダーツの旅☆福岡県》よかばい堂、故人のセル画処分依頼され 供養にとコレクターへ橋渡し

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第464号(2019/05/25発行)19面

Page top