Anyble、中古計測器売買サイト 出品数1000点突破

検索

Anyble、中古計測器売買サイト 出品数1000点突破

2019年07月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

要約すると.ブルー.png

・中古測定器売買サイト「Ekuipp」正式版を5月24日リリース
・サイト変更点は4点、従来より利用しやすくなる
・6月に出品数1000点突破

.......................................................................................................................................................................

Anyble

中古計測器等のBtoB売買サイト「Ekuipp」を運営するAnyble(東京都大田区)は5月24日、同サイトの正式版をリリースした。同社は18年4月からβ版を運営していたが、出品数増を目指しリニューアルを実施。6月には出品数が1000点を突破した。今後、同社は資産管理台帳サービスや商品の値付けAI導入等を予定している。

リニューアルでの変更点は主に4つ。1つ目は商品購入フローの簡略化だ。従来、商品購入にはユーザーがまず運営側に問い合わせ、運営側が出品側に連絡した。正式版では、商品詳細ページに「今すぐ注文」ボタンを設置。ユーザーは出品者に直接注文できる。

2つ目は見積書・注文書・検収書が発行される点。「経理フローで必要な書類をダウンロード・印刷できます。書類作成の省力化が出来れば」(松本悠利社長)

6-B② - コピー.jpg▲松本悠利社長(左)と吉田慧悟COO

3つ目は購入者が注文・入金等を行うと、出品者にアクションが通知される、等の通知機能。

4つ目はAnybleスタッフと直接やり取りできるカスタマーサポートが受けられる点だ。松本社長と吉田慧悟COOは、石油関連の元エンジニア。業界に精通したプロに気軽にメールし、商品のアドバイス等が迅速に受けられる。

6-B①.png▲新機能では、Anybleスタッフとすぐにやり取りできる

Ekuippで売買される商品は、ジェネレータやオシロスコープといった70カテゴリ以上の製造業向け中古機器・部品。「製造業の方はもちろん、リース会社や中古買取業者の方々にも利用していただきたいですね」(松本社長)

▼関連記事はこちら
Anyble、二次流通市場形成に貢献
エニブル 「校正」サービスで会員50社へ
《Sharing Economy》Ekuipp 計測・測定器のマッチングサイト

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第467号(2019/07/10発行)5面

Page top