リサイクルショップ リバース、地元スーパーとタッグ 中古品100円販売、出張買取予約も

検索

リサイクルショップ リバース、地元スーパーとタッグ 中古品100円販売、出張買取予約も

2019年08月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リサイクルショップ リバース

リサイクルショップ リバース」を広島で3店展開する勝原商事(広島県三原市)が催事事業に力を入れている。6月30日に地元のスーパー「ニチエー」で中古雑貨を100円均一で販売した。出張買取の予約も受付けた。今後も地元企業と継続的に連携し、地域密着を主軸に成長を図る。

4B-P1.jpg▲スーパー「ニチエー」で催事販売

勝原商事が地元企業とのタッグで狙いとするのが、自社サービスの認知度向上だ。「CtoCサービスの台頭は地方にも押し寄せており、特にレディース衣料などは影響を受けている」と勝原清志社長は景況感について話す。

4B-P2.jpg▲勝原清志社長

ニチエーは広島県に11店のスーパーを展開。勝原商事は今回の催事で、「郊外立地で、近隣に買取店があまりない」(同社長)というニチエー沼田東店を選定した。店外の一画に100円均一の売り場を設け、同社が個人から買い取った商品を中心に、日用雑貨、漫画、小説、衣料、文房具を販売。300点以上をワゴンに入れて提供し、約半数を売り上げた。

「主婦層がまとめ買いをしに来店されるなど、ある程度の種蒔きはできた。今後の自店舗への送客や、出張買取依頼につながれば」(同社長)今後は高齢者向けに、訪問買取など出張系サービスにも注力していく。

勝原商事の中古売上高は2.5億円程度。近年は野球用品特化の買取・販売事業で年500万〜600万円を売り上げるなど、新規サービスにも挑戦している。

▼関連記事はこちら
《明日のリユースを創る!》催事買取、下取りサービスで新規顧客を獲得
質業の枠を超えチャレンジ~交友録(85)鴫原質店 鴫原武義氏~
《着物リサイクル春夏秋冬》第219回 横浜タカシマヤ たんす屋まつり

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第469号(2019/08/10発行)4面

Page top