損害車買取のタウ、売買者交流サイト"いいね"5千件 CSR活動で寄付実施

検索

新型コロナウイルス対策に伴う当社の対応について

当社は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、従業員の原則在宅勤務を実施することにいたしました。

皆さまには、ご不便・ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のうえご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。

各種お問い合わせにつきましては「お問合せフォーム」での対応とさせていただきます。

損害車買取のタウ、売買者交流サイト"いいね"5千件 CSR活動で寄付実施

2019年08月16日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損害車売買を手掛けるタウ(埼玉県さいたま市)がCSR活動に力を入れている。昨秋に発足した、中古車を売買した者同士がメッセージを送り合えるサイトで、"いいね"を5,000件集めている。1件で100円分の寄付となり、自社でフィリピンにチャイルドシートを贈る活動等と連携させている。

同社は昨年10月に「See You Again PROJECT」と題したサイトを立ち上げた。車を売却した人と、それを購入した人がサイト上でメッセージを交換できる。この取組みが話題を集め、同社公式HPにも月300件程の流入に繋げている。うち7割が海外からのアクセスで、販売訴求にもなっている。

「売り手からは『次のオーナーとも素敵な思い出を作って!』、買い手からは『ありがとう』『日本車に乗れるなんて夢のよう』、というようにメッセージ交換がなされている。特に海外はCSR活動への意識が高く、当社の取組みに共感してくれているようです」(プロジェクト担当豊田知紗主任)

5C-P1.jpg▲豊田知紗主任

第469号(2019/08/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる