パーソル、シフト管理アプリでOB活用 勤務可能時間共有し人手増へ

検索

パーソル、シフト管理アプリでOB活用 勤務可能時間共有し人手増へ

2019年08月31日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パーソル

doda」や「an」等の総合人材サービスを手掛けるパーソルグループのパーソルイノベーション(東京都港区)は6月18日、シフト管理サービス「SyncUp」の新オプション「OB・OG活用機能」をリリースした。

「SyncUp」は、昨年1月に始動したアルバイトシフト管理アプリ。大手リユース企業等、34社が導入する。

主な特徴は2点。1つ目はシフト作成の簡略化だ。アプリのスケジュールでは、勤務可能なシフトが閲覧可能。アルバイトは働きたい時間をクリックするだけで、シフト申請ができる。店長は、全アルバイトのシフト状況を一括で確認可能。店長のシフト作成時間を従来の65%削減できる。

5B-1.png▲簡単にシフトを申請できる

2つ目は、複数店舗の連携機能。他店舗スタッフの空き時間も閲覧できるため、緊急時に近隣店舗で勤務するスタッフにヘルプを要請出来る。1店舗当たりの月額利用料金は6千円~。現在、期間限定で2ヵ月の無料トライアルも受け付ける。

今回導入された「OB・OG活用機能」は、OB・OGに勤務可能なシフト等を通知するもの。店長がOB・OGにアプリを招待。参加すると、シフトスケジュールやタイムラインが閲覧できる。同オプション料は1社あたり5万円。

「退職後にまた働きたいと考える方がいる一方で、繁忙期にOB・OGにヘルプのお願いをする店長さんもいらっしゃいます。双方が最初から繋がるサービスを提供していきたい」(竹下壮太郎SyncUpサービス責任者)

5B-2.jpg▲竹下壮太郎責任者

▼関連記事はこちら
《News Flash》akippa、駐車場予約アプリ正式リリース
シーエスアーキテクト、RFタグとPOSシステムを連携 在庫検索アプリ「速棚」
GRACE、不良在庫や市場残物を買取 専用アプリも今夏リリース

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第470号(2019/08/25発行)5面

Page top