きもの屋MIYABI.net、催事買取に注力 中四国や関西リユース店と連携

検索

きもの屋MIYABI.net、催事買取に注力 中四国や関西リユース店と連携

2019年08月31日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

きもの屋MIYABI.net

5C-1.png清水屋呉服店のホームページ

創業70年の老舗呉服店が元々母体の「きもの屋MIYABI.net」(岡山県岡山市)が、リユース着物の催事買取に注力している。昨年より始動し、中四国・関西のリユース店や古着店など7社と連携してきた。着物買取をフックに高齢層集客を図り、連携先店舗への送客にも貢献している。

この催事買取では、主に地方の高齢者をターゲットとしている。月に5,000点の着物を買い取っている同社では、物量の約半数を、業者取引を通じ調達している。その既存取引先が展開する実店舗を催事イベントの会場とし、創業より培ってきた審美眼で、着物のプロ査定をしてもらえることをメリットにイベントをPR。不要品を処分する際に着物もまとめて手放せることで、利便性の高さを訴求している。

「今や業界も、自分たちの持っているリソースを業者間で持ち合う時代。反対に、当店へリユース店業者を招き、着物以外の買取りもできるイベントを打ち出すこともあります」(清水雅喜代表)

5C-2.jpg▲清水雅喜代表

清水代表は、「30〜40年前には1.8兆円あった着物市場も、今は2,800億円程度にまで縮小」と話す。

同社が販売するリユース着物は、数百円程度のはぎれや、帯とのセットで2万〜3万円程度のものもある。リユース品のみでは、月に2,000〜3,000点の販売実績を上げている。

▼関連記事はこちら
原宿シカゴ、外国人観光客が増加 リユース着物・浴衣が好評
《全国ダーツの旅☆滋賀県》kimono tento、洋服感覚の着物コーデに出会い 新しい着方にハマった50代女性客
《仕事ができる人の1日》KOMEHYO、名古屋本店きもの館責任者 坂本 直樹さん

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第470号(2019/08/25発行)5面

Page top