ラコステ、初の公式古着店 洋服の大量廃棄問題に一石

検索

ラコステ、初の公式古着店 洋服の大量廃棄問題に一石

2019年09月26日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ラコステ

フランスのブランド「LACOSTE(ラコステ)」の日本法人ラコステジャパン(東京都渋谷区)は、9月13~25日に古着を扱う期間限定店「OLD meets NEW」を表参道でオープンした。同社が古着の店舗を手掛けるのは、今回が初。

2-A.jpg期間限定店「OLD meets NEW」の外観

小島マーケティングの調査によると、国内で未販売のまま破棄される洋服は、1年間の生産量の約50%に当たる14億着。

「ファッション業界が直面している大量生産・大量廃棄問題に対し、古着を用いたファッションの可能性に光を当てることは、時が経っても衰えることのない『タイムレスな価値』を大切にしているラコステらしい一つの解決策と考え、今回のポップアップへと繋がりました」(マーケティング部 櫻間史子部長)

販売された古着は、全国の古着店等から集めた同ブランドのポロシャツ、スウィングトップ、ニット、シャツ、アウター、スラックス等400点。また、今季の秋冬新作も同時に販売され、古着と新作がミックスされたコーディネートが店内に展示された。

期間限定店では、過去に販売したラコステのポロシャツ・Tシャツを持参、または店内で古着を購入した毎日先着3人に対し、洋服に箔を施して後日郵送されるアップサイクルオーダー会も開催。

今後も同社は、古着に関するサービスを展開予定。また、アップサイクルオーダー会は年内は同ブランド各店舗で1ヵ月に10人程度を対象に実施する計画。

▼関連記事はこちら
【インフルエンサーの今〜古着編〜】古着のナイトマーケット SNSのみの拡散で500人
たんぽぽハウス、激安古着店20店に 中央線狙い高円寺に出店
ブランド古着Brooch、人気ユーチューバーで買取アップ

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第472号(2019/09/25発行)2面

Page top