《リユース探偵》キャッシュレス決済利用実態~プープディック~

検索

《リユース探偵》キャッシュレス決済利用実態~プープディック~

2019年11月04日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

増税に伴うポイント還元制度が導入されたことでにわかに脚光を浴びる「キャッシュレス決済」。リユース業界におけるキャッシュレス決済の動向を探った。

1割がキャッシュレス
吉祥寺の中古コスメ専門店

中古コスメを取り扱うプープディック(東京都武蔵野市)は、増税前の取材に関わらず、お客のおよそ1割がキャッシュレス決済を使うという。レジ通過客は30名程度で、うちキャッシュレスは3~4名ほど。

「手数料がかかるので、かつては5000円以上の買い物のみクレジットカード決済に対応、など条件をつけていたが、QRコード決済も普及したので今は無条件に対応している」(松原忍社長)。

9-P1.jpg▲吉祥寺・プーブティックではQRコード決済が活躍

9-P-A.jpg▲プープディック 松原 忍社長

吉祥寺という土地柄ゆえか外国人も多く、クレカ決済のニーズは大きい。キャッシュレス決済を希望するお客を取りこぼさないよう、今後も対応を続ける予定だ。


商材:化粧品
場所:吉祥寺商店街
対応:クレジットカード、メルペイ、ペイペイ、オリガミペイ
利用比率:約10%

▼関連記事はこちら
プープディック、中古コスメ清掃徹底で安心追求 フリマアプリと差別化図る
ブックオフ、キャッシュレスに対応 4ブランドを導入
《リユース探偵》免許返納増加でブーム到来か 中古シニアカーは宝の山?

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第474号(2019/10/25発行)12面

Page top