ユーズドネット、川越に中古ギター店 ジャパンヴィンテージなど400点

検索

ユーズドネット、川越に中古ギター店 ジャパンヴィンテージなど400点

2019年11月14日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レコードや楽器等の中古事業を行うユーズドネット(埼玉県東松山市)が、中古楽器店事業を復活させた。10月5日より川越で運営。以前は2013年から4年半、東松山に出店していた。新店ではジャパンヴィンテージのエレキギター等400点を揃える。初年度年商3000万円を目指す。

4A.JPG▲ジャパンヴィンテージ中心に販売する

店名は「T.S.G.楽器店」。2フロアを有し、のべ30坪の広さで展開する。grecoやtokaiなど1970〜80年代物を強みとし、単価3万〜5万円台を中心に販売する。Gibsonやfenderなどハイエンドや、アコースティックギターも一部取り扱う。

同社は楽器事業でこれまで、ヤフオク!やデジマートで販売を実施。昨年には、国内最大級の楽器の展示会「楽器フェア」に初出展もした。そこでも、ジャパンヴィンテージ品を持ち寄り、プロ向けユーザーや、東松山での前身店舗「T.S.G.高坂楽器」を運営していた頃の顧客、また同業者から引き合いを集めるなど、手応えを得ていた。以降店舗事業の再開に乗り出し、今回の出店に至った。

「川越は県内でもカルチャーへの感度が高い地域。高校生や学生など、これからギターを始めたいという若年層の顧客を主に獲得していきたい。また当店を起点とした音楽イベントなどのプロデュース事業にも興味があります」(河井正行店長)

同社では独自ルートで個人・法人から楽器の調達を行っている。本社のある東松山で集約し、ネットと店舗用に商品を振り分ける。川越に店構したことで、機動力の良さを見込む。

同社の2019年9月期の売上高は10億円強。うち、楽器・オーディオ・レコードなどの中古事業で16%を占めている。

 

▼関連記事はこちら
ユーズドネット、新宿マルイに期間限定店 中古レコードの魅力発信
ユーズドネット 中古音響の法人買取強化 買取額は個人の10倍
シモクラセカンドハンズ、中古ギター訪日客に人気 ジャパンヴィンテージに脚光

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第475号(2019/11/10発行)4面

Page top