ブランド市場4月変則開催 新型コロナで手競り中止相次ぐ

検索

ブランド市場4月変則開催 新型コロナで手競り中止相次ぐ

2020年04月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド品を競る古物市場が新型コロナウイルスの感染リスクを避けるため、4月は変則的な開催方式をとっている。4月1日時点での各市場の対応を表にまとめた。

4月1日時点での各市場の対応大手ブランド市場大会の4月開催状況
*〇は通常通りの開催。
中止は4月限定措置。
△は4月1日時点で対応が未決定。
各市場、新型コロナの状況によっては、変更となる可能性がある。

バリュエンスが運営するスターバイヤーズオークションは、4月開催において、オンラインのみで開催する。会場での競りは行わず、ネットでの事前入札で行う。下見も行わない。ノンブランドの宝石やアパレル等は出品の対象から外れる。

3月開催を中止したmonobankオークションもリアル競りは4月も中止とし、新たに始めたネット競りのみで行う。複数回の開催や下見を実施するかどうかは検討中だ。JBA日本ブランドオークションでも金沢と銀座でのリアル競りを中止。ライブネットオークションのみ開催する。リアル競りへの出品者には、返却や同社での買取、ネットへの振替出品の他、グループでリアル競りを行うKOMEHYOオークションへの振替出品を案内している。バッグ大会のTOKYOオークションは4月の開催を中止。5月以降は状況を見て判断する。

また、RKグローバルオークションでも4月のリアル競りを中止することに決定。ネットのみ行うことにした。NJオークションでは4月は手競りを行わない入札方式で行う予定だ。ただ、「ネットオークションが間に合えば、切り替える予定」と言う。

各市場とも新型コロナによる情勢の変化によって、変更が生じる場合がある。

*4月8日追記

4月開催の中止が確認できたブランド古物市場をご紹介します。

●東京エムジーオークション by JWA
10日

●練馬五十会
10日(道具平場)、15日(衣類平場)、28日(宝石・時計大会)、30日(宝石平場)

●タイムレスオークション
16日、23日

●ブランドオークションZERO
8日、10日、15日、17日(ジュエリー)
*4月22日から再開予定

●Rsオークション
*5月13日から再開予定

●豊島会
8日、11日、24日(大会)
*5月8日から再開予定

●JRB協会オークション亀戸会場
9日、23日

●NAMARAオークション
20日(時計)、5月1日(バッグ類)、5月10日(宝石)
*次回開催予定は5月20日(時計・宝石大会)

◎情勢によって変更となる場合があります。開催等については各オークションにお問合せください。

新聞購読ならすべての記事が読める!

第485号(2020/4/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top