トレファクとソフマップが提携 大型家具や家電を出張買取

検索

トレファクとソフマップが提携 大型家具や家電を出張買取

2020年04月10日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『トレジャー・ファクトリー(東京都千代田区)』は3月31日、『ソフマップ(東京都千代田区)』と業務提携し、ソフマップが運営する買取アプリ「ラクウル」において、大型家電や家具の出張買取サービスを開始した。

ソフマップが運営する「ラクウル」ソフマップが運営する「ラクウル」
において家具・家電の出張買取を開始

ソフマップが運営する「ラクウル」は、さまざまな商材の買取依頼が行える宅配買取アプリ。ただ、大型家電や家具などは、配送が容易でないため対応が難しかった。今回トレファクとの協業により出張で対応できるようになり、対象品目に大型の家電や家具等が加わった形だ。

アプリ経由で申込みがあった利用者に対し、トレファクのスタッフが出張で訪問し、査定、引き取りを行う。ユーザーは、ビックカメラグループで運営する「ビック買取マネー」または口座振込で代金を受け取れる。買い取った商品の内、PC機器、スマホ、カメラ等は、ソフマップが運営する販売サイト「リコレ!」や店舗で販売。その他の家電、家具等はトレファクが販売する。出張買取の対象は、関東の1都3県から開始し、エリアを拡大予定だ。

ソフマップは、2018年7月に買取アプリ「ラクウル」をリリース。翌年にはビック買取マネーでの買取にも対応。デジタル家電以外に衣類やブランド品、キャンプ用品やゴルフ用品等にも対応し、取扱い商材を拡大させることで、ユーザーの利便性向上を図っている。トレファクは、「ラクウル」を通じて、新たな買取のチャネルを開拓。全国的に対応できるよう、出張買取が行えるパートナーを今後募っていく考えだ。

第485号(2020/4/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top