ゼロエミッション、ぬいぐるみなど"無人で"100円販売

検索

ゼロエミッション、ぬいぐるみなど"無人で"100円販売

2020年07月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の取組み

日販1万円 6月末までの期間限定

ハードオフ系列のFCジーであるゼロエミッション(東京都八王子市)では、期間限定で実施した無人販売スペースが思わぬ効果をあげた。廃棄予定の商材を一律100円で販売したところ、ぬいぐるみなどを中心に1日1万円を売り上げた。6月末までの期間限定で実施する。

無人販売コーナーでは最後にセルフで支払う無人販売コーナーでは最後にセルフで支払う

 

同社の旗艦店であるエコタウン八王子大和田店は、ハードオフ、ホビーオフ、モードオフ、オフハウスと、直営のリカーオフが入る大型店舗だ。

今回、店舗の改装に伴う空きスペースを活用すべく、実験的にエコタウン八王子大和田店のモードオフ内で、無人販売コーナーを設置した。商材はぬいぐるみを中心に、ジャンク品や古着などを高回転で提供。

商材はぬいぐるみや古着などが中心商材はぬいぐるみや古着などが中心

また、買い物をする楽しさを演出するため、ワゴンをジグザグ状に配置して、売り場を一方通行とし、終点に料金箱を用意。こうすることでお客同士のすれ違いを防ぎ、店員も不要なため、コロナ対策に繋がっている。

一方通行にして三密と対面を防ぐ一方通行にして三密と対面を防ぐ

出口に設置された料金箱出口に設置された料金箱

売上は当初の予想を超える日販1万円程度。こうした施策を買取強化につなげていきたい考えだ。

「現在は無料引取している商品に、10円でも買値をつけたい」(店舗運営部 佐々木賢生部長)

店舗運営部 佐々木賢生部長店舗運営部 佐々木賢生部長

同社はこれまでも「もったいない市」など、通常販売が難しい商品を格安販売し、廃棄物削減を目指していた。今後は八王子大和田店でも同市の屋外開催を行う予定。

新聞購読ならすべての記事が読める!

第490号(2020/6/25発行)10面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top