ケリー盗まれた!

検索

「X事件ファイル」

ケリー盗まれた!

2014年02月17日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャバクラオーナー名乗り「ビンゴの景品にしたい」

千葉県のリサイクルブティックAに、キャバクラの経営者を名乗る40代の男性が訪れた。

店で開催するビンゴゲームの景品に使いたいからと、中古ブランド品を求めにきたと言う。折しも季節はクリスマス前。信憑性があった。

30個くらいまとめて買いたいというので、Aの社長は少しずつ男性に商品を紹介していった。

廉価なコーチや、少し汚れのある商品を見せると「これは景品に向かないなぁ」と返す。シャネルを出すと、「いいなぁ、これは人気あるしな」などと熱心に吟味する。やがて話も盛り上がり20個購入する商品が決まったが、まだ足りないというのでAの社長は倉庫に商品を取りに行くことにした。その間15分、店内には他のスタッフが居たが、Aの社長が戻った時には男性の姿と共に60万円のケリーが消えていた。

「本当に話し方が巧みなんです。1時間も熱心に話していたし、すっかり私もスタッフも信頼してしまいました」

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

337号(2014/02/10発行)3面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる