MEトレーディング、豪雨被災の農機を修理し海外流通へ

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

MEトレーディング、豪雨被災の農機を修理し海外流通へ

2020年08月03日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社MEトレーディング(鳥取県鳥取市)は8月3日より親会社であるマーケットエンタープライズ(東京都中央区)が買い取る「令和2年7月豪雨」で故障した農機を、メンテナンスした後海外で蘇らせるプロジェクトを本格的に開始、被災農家の経済的負担を軽減する姿勢だ。

リサイクル通信イメージ画像03

マーケットエンタープライズが行う中古農機の買取ビジネスに対し、「西日本豪雨」や「令和元年房総台風」などで浸水被害を受けた農機の買取依頼が増加した。しかし、浸水した農機は引火や火災の可能性があること、助成金を利用した買換えが多いために国内再流通ができない状態だった。そこで同社をグループ会社とすることで不稼働農機具修理、海外流通を狙う。

第493号(2020/8/10発行)4面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top